FC2ブログ
内反足の子どもをもつ母の育児体験記録の日記です。装具、ギブス、デニスブラウンなどの写真、手術、矯正、訓練、治療など実際に経験した情報をお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先天性内反足という生まれつきのハンデを抱えたこうちゃんは
平成15年9月下旬に産まれました。
予定日は10月下旬で1ヶ月近く早い誕生でした。
自分自身が子どもを産むという自覚もないまま
前期破水してしまい、看護婦さんに「産んでいいんですか?」
と聞いたことを覚えています。

陣痛が起きて10時間49分後こうちゃんは弱い泣き声で
誕生しました。
私は「え?生きてる?」とドキドキ。
先生に「元気ですよ、大丈夫」と言われましたが、
姿をみるまで落ち着きませんでした。
その後、カンガルー抱っこをさせてもらい一緒に過ごしてほっと一安心。

でもすぐに保育器へ・・・。
私はそのまま病室へ行ったのですが、オットは先生に呼ばれ別室へ。
何となく母の予感でしょうか、心がざわざわしていました。
私が落ち着いた頃、オットから「足に障害があるらしい、でもすぐに治るから」
と告げられました。

その時「すぐ治るなら大丈夫だ」と自分に言い聞かせ落ち着かせました。
産まれた時良く見ていなかった足を見た時、愕然としてしまいました。
足がどうなっているんだろう、骨が曲がってる、すぐ目をそらしてしまいました。
保育器に入った我が子に「ごめんね」としか言えませんでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naihansoku.blog123.fc2.com/tb.php/2-2523034a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。