FC2ブログ
内反足の子どもをもつ母の育児体験記録の日記です。装具、ギブス、デニスブラウンなどの写真、手術、矯正、訓練、治療など実際に経験した情報をお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保育園の大イベント運動会も終わり、我が家は平穏な日常が続いております。
こうちゃんも体操の披露がうまくいきさらに自信がついたようです。

この間、保育園の先生に言われて気づいたのですが、
私は、子どもを育てていくうえで「人に迷惑をかけない」「自分で出来ることはする
褒めて伸ばす」というのを常々心がけております。

5歳になるこうちゃんは、特に最初の子ということもあって
厳しく育ててきました。
なので、怒りすぎたり「兄ちゃんだから」と言い過ぎたことも多々あります。
内反足だから、運動は無理、足が疲れやすいから無理はさせない・・・。
という考えも全くありませんでした。

どちらかというと、周りのこと何だ変わりはない、こうちゃんに出来ないことはない。
と言い聞かせてきました。

厳しくしすぎたせいか、ちょっと内向的
自信がなくシュンとする時もありました。
出来ないことがあると、キーッと奇声をあげていました。
これじゃ駄目だっといつも思い、甘やかせる時は思いっきり甘やかしてきました。

そうこうしながら、5年という年月が経った現在。
ふと、主任の先生に
「こうちゃん。運動会の体操は一番の頑張りでした」と言われ
担任の先生には
「こうちゃんは、周りの子が出来た!と喜んでいる時
次はこれを頑張る。先生足持たないで、マットのけて・・・と次のステップに向けて
けして妥協しませんよ。だからこうちゃんは、伸びる!と先生達の間でも話していますよ」と
言って下さいました。

先生から聞いてはじめて気づきました。
こうちゃんは、誰より向上心のある子。
けして、これでいいと納得はしない。
できたことも、それ以上のことをがんばる子なんだと。

私には真似できないことです。
本当に、未熟な母でここまで育ってくれました。

運動会お疲れさま。

画像 031r

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naihansoku.blog123.fc2.com/tb.php/44-2f696884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。