FC2ブログ
内反足の子どもをもつ母の育児体験記録の日記です。装具、ギブス、デニスブラウンなどの写真、手術、矯正、訓練、治療など実際に経験した情報をお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生後1ヶ月くらいでしょうか、おしりが赤くただれ
ウンチをするだびに痛がるようになりました。
病院を受診して以来ずっとギブズを巻いているので
全身をお風呂につけることができず、おしりがただれて
しまったようです。

小児科を受診したところ、腫れている部分を
切開しなくてはいけない・・ということでした
小児科では外科的措置ができないらしく
大きな病院の外科を紹介されました。

紹介状を書いてもらったのですが、案の定
ながーーい時間待たされました。
4時間ほど待ってやっと診察
先生が言うには「がたまってるから切って出さなきゃ
いけない」ということでした。
私は「ほほー切るのか・・・ということは、手術
出直して来なければいけないのか。
と自分勝手に思っていたら。

看護士さんが何やら用意しだし、先生が「はい切ります」
えっえーーーー
ココで?麻酔は?
と考えている間にパッと切って終わりました。
こうちゃん本人はものすごく痛かったようで
わぁーーと泣きました。
そりゃ痛いですよね。

お風呂に毎日入れてあげれたらいいのですが
ギブスをしているので拭いてあげるのが精一杯でした。
それでも必死にオットと二人で、こうちゃんを抱えおしりを
キレイにしていました。
それなのに・・・それなのに・・。

また切られちゃいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naihansoku.blog123.fc2.com/tb.php/6-84f0c091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。