FC2ブログ
内反足の子どもをもつ母の育児体験記録の日記です。装具、ギブス、デニスブラウンなどの写真、手術、矯正、訓練、治療など実際に経験した情報をお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、久しぶりの診察でした。

こうちゃんの主治医だった先生が変わって、少し若くて優しい先生が
主治医になりました。
その先生が、こうちゃんの足をみてすぐ「うーん」という顔をしました。
おかしいなぁ・・・と思って診察していると、「レントゲンを撮ってみましょう」
ということになり、いったんレントゲン室へ。
去年は大泣きだったけど、今年は・・・・。


2009 2 診察3r


えらく笑顔で、レントゲンの技師さんとお話をしていました。
成長したなぁ。

診察の結果は、恐れていたことでした。
前主治医の先生にも「こうちゃんの足は、重症な方だから再発は覚悟したほうが
いい」と言われていました。
でも、前回診察してもらった時は「経過をみていきましょう、足が大きくなったら診せて」と
言われたので、やっと診察の間隔が短くなった・・・と安心していました。

それで、私達も油断していたようです。
夜間装具のデニスブラウンも、ここ最近は付けていませんでした。
これは再発防止になるので、必ずと言われていたのに。
言い訳にしかなりませんが、冬はデニスを付けていると毛布ごとめくれて
風邪をひいてしまうのでついつい。
親として失格ですね。本当に反省です。

新しく主治医になってくれた先生は、やさしくわかりやすく説明を
してくれました。

2009 2 診察 003r

まずは、「内反足再発です」とはっきり言われました。
たまに、外側に力をいれて歩いていませんか?と言われ
思い当たることがありました。
朝起きた時や、疲れた時には足がつっぱたような歩き方、足を内に向けて
外側に力を入れて歩いていました。
その時すぐ診察していれば・・・。

こうちゃんの場合、やはり内反足の重症なのだそうです。
重症な子は、内転(足が内側を向く)内反(足を外側に向けても固い)
が強く、再発しやすく、治療に反応しにくいのだそうです。

再発の治療として、再ギブスか手術の道しかないようです。
手術をすると、変形は矯正できますが足が固くなり成長障害を起こすそうです。
しかも、2度目の手術なので前回内側を切ったとこをもう一度開いて
プラス外側も骨を削らないといけない大手術です。

手術をするなら、なるべく骨の成長がとまる13歳になってからが良いみたいです。
それまで待てるなら待った方が無難。

再ギブスですが、これをしても50%の可能性しかないようです。
でも、してみる価値はあるようなので取りあえずは再ギブスです。
赤ちゃんの時にしていたような、太ももから巻きます。
なので、車椅子生活になります。
入院ということになりますね。
期間は3週間。

2009 2 診察 007r

入院もですが、この先を考えると不安でどうしようもありません。
半分「完治した」と思っていたので、ショックです。
でも、こうちゃんの将来のため頑張ります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naihansoku.blog123.fc2.com/tb.php/60-57dcd678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。